2011年07月19日

氷見祇園祭

こんにちは目もうすっかり夏ですね晴れ
氷見の夏の風物詩といえば、祇園祭ぴかぴか(新しい)

当時流行った疫病を払うために、
京都の八坂神社の祇園神をお呼びして神輿にのせたことが起源なんだそうです。

車からパシャリカメラ
gion01.jpg

gion02.jpg

祇園祭に足を運んだのはこの日が初めてなのですが、
予てから松の木のついた太鼓台がぶつかりあう、
太鼓台の喧嘩」のうわさを聞いていたので
いったいどんなお祭りなんだろうと思っていました。
残念ながら太鼓台の喧嘩は夜ということで見ることはできませんでしたバッド(下向き矢印)

とても暑い日でしたが、街中は多くの人々でにぎわっていましたぴかぴか(新しい)

gion03.jpg

祇園祭は毎年7月13・14日に行われています。
来年はぜひ夜の太鼓台を見に行きたいです目
タグ:観光 祭礼
posted by 氷見っ子 at 14:22| Comment(0) | おさかなの話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: