2012年06月30日

初夏のおさかなの話

氷見の魚が美味しいのは、活き〆の技術漁場が近いこと
15〜30分で陸に揚げられる立地条件の良さは
なかなか他にはない条件です。


ゴマフグ
ゴマフグ(サバフグ)
昨年の記事では産卵後のサバフグをご紹介しました。
比べてみると、体格が違うことがわかりますぴかぴか(新しい)

トビウオ
トビウオ

かます
カマス
この大きさだとかわいらしいので予想しにくいですが、
"カマス"とグレートバリアリーフに知られる"バラクーダ"は
なんと!同じ種類です目



バイ貝やアカイカがそろそろ取れるころになりました!
今回の記事で紹介したトビウオや、太刀魚はたくさんとれるものではないので、
事前に氷見っ子までお問い合わせくださいねひらめき
タグ:魚の話
posted by 氷見っ子 at 20:32| Comment(0) | おさかなの話

2012年06月27日

初夏のおさかなの話

こんにちは!
夏の日差しが見えたり、曇ったり、雨が降ったり
不安定なお天気が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?目
今日も早速おさかなの話をご紹介していきたいと思いますグッド(上向き矢印)

じゃん!

マグロの頭

マグロの頭ですぴかぴか(新しい)

クロマグロは5月中旬から6月、7月中旬まで。
カジキ類(バレン)は7月末〜8月がシーズン。

マグロの頭は カブト焼きや目玉の煮付けにしていただきます。

昔、マグロは血があたたかいので、
自分の血で身を焼いてしまうといわれており
生態を調べるためのタグをつけるときに
「海からあげて3分以内に海に戻せ」と言われていたのだとか。

たしかにさばいたときなど、身が温かいそうです
ちなみに、焼けてしまった身は、ツナ缶になりますひらめき
大体、キロ1000〜2000円くらいするとのことです。

第二弾に続きますダッシュ(走り出すさま)
タグ:魚の話
posted by 氷見っ子 at 20:00| Comment(0) | おさかなの話